*

国家資格 専門学校について

様々な国家資格がありますが、文系の資格としてよく名前を挙げられるものとして、司法試験、公認会計士試験、税理士試験、不動産鑑定士試験、社会保険労務士試験などがあります。
これらの試験の受験科目の多くは一般の大学の講座の中にも見ることができます。
現に受験科目と同じ講座で学んだ学生ほど有利である事は間違いありません。
しかし現在の国家資格の受験事情は少し様変わりしています。
それは大学で講義を聴いただけでは上記のような国家資格に合格するまでの実力はなかなか備わってこないからです。
それと大学で学ぶ講義は学問的な要素が強く、国家資格取得で求められる能力とはやや開差があるのです。
このために受験を志す多くの学生は大学に通いながら、専門学校にも通っている人が大勢います。
専門学校では、国家資格取得に向けてだけの専門的な講義を行うので、より実践的な能力を培うことができるのです。
中には法科院大学に通いながら、専門学校に通い、司法試験予備試験を目指している人も見受けられます。
予備試験に落ちたならば、法科院大学卒業によって司法試験を受験しようとする2段構えなのです。
また、専門学校では国家資格以外の資格を取得することもできます。
ドッグトレーナーなどの資格を取得することができますが、わざわざ資格をとらなくても藤井聡のDVDを見て自分で勉強すれば犬の躾をマスターすることができますよ。



コメントする