*

日本人の配偶者ビザが下りなかった恐怖

日本人の配偶者ビザを申請するのは不許可数が多いと聞いて、自力の申請はリスクが高いと判断しました。やはりここぞという時には、多少の出費は必要と思い、行政書士さんにお願いすることにしました。それも、ビザ申請を中心に行っている行政書士さんが良いとのことで、インターネットで探しました。

日本人の配偶者ビザがどれほど重要かは、空港などで、別室に連れて行かれたりして大変な思いをしなければ認識できないかもしれません。でも、正直に言えば、私も不許可に成ったときのリスクについては最近知って青ざめたのです。



コメントする