*

日記

電気・ガス・水道

いざ引っ越し日になって、気がついたのだが、

電気・ガス・水道の手続きってどうすれば良いのだろう?

契約の時に連絡先の記載された用紙を渡されたけど

不動産屋さんが手続きをしてくれるのかと思ってたので

その用紙を実家に置いてきてしまった!!!

焦る・・・焦る・・・焦る・・・・

で、不動産屋さんに電話してみた。

すると担当さんが丁寧に教えてくれて、その上

ガス会社も連絡してくれた。夕方、ガス会社が来て

開栓作業をしてくれた。

取り敢えず今夜から横浜・二俣川で新生活スタートです。


日本人の配偶者ビザが下りない・・・

日本人の配偶者ビザの情報を色々調べていましたが、やはり素人では色々分からない点を一発で教えてくださった方がいて助かりました。インターネット上の情報は玉石混交で何を信じてよいのか分からず、正直に言って国際結婚をした人は、日本人どおしで結婚する人よりも何倍もの苦労をすることになります。

日本人の配偶者ビザについても、相当慎重にしないとダメという話であり、不許可になって途方にくれている友人達を沢山見てきました。


おすすめのスプレッド

「スプレッド」とは外為は通貨を売り買いして利ざやを稼ぐ取引です。

 

トレードの値段は、常時変化しています。

 

これがマーケットです。

 

ラジオを聞いていると、マーケットの話題が流れます。

 

例としてあげると、「現在のドルは80円50銭から52銭で取引されています」という具合です。

 

それは80円50銭から80円52銭の幅の中で注文されているという意味ではなくドルを買うときには80円52銭、売るときには80円50銭ということを意味しています。

 

すなわち、取引には、買値と売値の2個の価格があります。

 

売値のことをBID、買値のことをASKと表示しているFX取引会社も存在しています。

 

普通は売値が安く設定されています。

 

自分が買うときには高く、売るときには安くなっています。

 

この差をスプレッドといいFX業者の利益のひとつといわれています。

 

スプレッド幅はFX会社によって違います。

 

スプレッドはあなたにとって支出となるので狭い業者を選んだほうが有益です。

 

ただし、状況によってスプレッドの差は拡大したり、縮小したりします。

 

例としてドル円の通貨ペアでわずか1銭のスプレッドの幅とは言っても相場の上げ下げが大きいときには1銭よりも大きくなったりするのです。

 

なので、スプレッドが小さいのと同じくらい変化が小さいのが必要です。

 

最近では変わらないスプレッドの幅を提示する取引会社も数多くあったりします。

 

現実に取引会社の売り買い画面で現実の為替相場をチェックしなければ判断できないのでやっかいですが、とても大事な事です。

 

多くの資金を使って売買するのですから本物のトレードの前に魅力的に思えたFX会社の取引口座開設を遠慮せずにして、スプレッドの幅を知っておきましょう。

 

同じ通貨の組合せ、条件によってFX外貨のスプレッドは変わることがあります。

 

おおむね、インターバンク相場で取引量の多くて、流動性の高い外貨ではスプレッド幅が小さく残りの外貨ではスプレッドの広さが拡大するのが普通です。